投稿

5月, 2018の投稿を表示しています

日産・エクストレイル 試乗レビュー

イメージ
エンジンはとても日産らしい、すっきりとしていて扱いやすい、フラットなトルク特性を持つエンジンだ。アクセル操作に対するレスポンスも良く、かといって鋭すぎて気を遣うというわけでもなく、ファミリーカーとしては最適な、正しい設計のエンジンだ。近年、このクラスの車には、ハイブリッドやダウンサイジングターボ、あるいはディーゼルのモデルが多くなってきており、エクストレイルでもハイブリッドのグレードはあるのだが、自然吸気エンジンの扱いやすさと、素直なフィーリングを味わうと、ハイブリッドではなく、あえてガソリンエンジンモデルを選ぶという人がいても不思議では無い。ディーゼルのCX-5のような、ハッとするようなトルク感もなければ、アウトランダーPHEVのような爽快感も無いが、こういう従順で素直で、保守的なパワートレインは残しておいても良いと感じる。車両重量が重いため、上り坂や峠道では息切れしてしまうが、街中や幹線国道ではそれほど問題はないし、高速道路でもまだ余裕はある。エンジン音についても音は非常に小さく、巡行レベルであればほとんど音は聞こえず、アイドリングストップしても気づかないほどだ。アクセルを全開にしても、メカニカルノイズはどこか遠くから聞こえてくるなという印象で、エンジンとキャビンの間に、厚い壁が一枚入り込んでいるかのようだ。ただし、ロードノイズは比較的多めに響いてくる。アイドリングストップのマナーもほとんど文句がないレベルで、停止時は感覚を研ぎ澄ましていないとわからないレベルの振動しかなく、再始動時も嫌なキュルキュル音などもほぼ聞こえない。再始動直後にアクセルを踏んでも、タイムラグは発生せずギクシャク感も皆無だ。今まで乗った車の中で、最もアイドリングストップのマナーが良いと感じたのは、プジョーの1.6リッターディーゼルを搭載した308であったが、日産の2リッターガソリンもそれに匹敵するくらいのマナーの良さを誇っている。 トランスミッションであるCVTは、本当に出来が良いと感じた。個人的には、今まで乗ったCVTの中では、スバルのチェーン式リニアトロニックや、電気自動車、燃料電池車、ノートe-POWERなどの電動車両を除けば、最も完成度が高いと感じる。まず、アクセル操作に対するレスポンスが非常に良く、かつてのCVTの車のような、ラバーバンドフィーリングはあまり感じなくなっていた…