ニッサン・ラティオ 試乗レビュー






正直に言うと、内外装、全ての部品がダサいと感じる。ヘッドライトもとってつけたようだし、ノッチバックもとってつけた感満載。
いくら最下位とは言え、トランクオープナーが無いのはちょっと……。
パネルとパネルの隙間が大きく、工作精度が低い。
後ろの席は広い、流石はマーチベース、ただ、流線型になってるためか、ヘッドクリアランスは少ない。
エンジンは走り出しは比較的力強い。CVTの制御も悪く無いので速度調節しやすい。
ただ、高回転まで回すと頼りない、回りたがらない、典型的な3気筒エンジンである。
振動はひどい。一般的なレベルの軽よりひどい。ハンドルはブルブル、床もアクセルペダルも共振、ここまでひどい車は久しぶりだ。
時速60kmで巡行すると、アクセル入れた時にダイレクト感を出すのと燃費を稼ぐためだと思われるが、回転数が1000回転程度になり、ノッキングに近い振動が発生する。
CVTと思われる、キュルキュル音が聞こえてくる、ロードノイズは、低周波の音がかなり響く印象。ノッチバックの利点があまりない。
ハンドリングはルーズな感じ、前側の剛性が無いから接地感がなく、ステアリングインフォメーションが無い。ただ、雰囲気で曲がって行っているような、心地悪さ。ただ、ノッチバック形状のためか、後ろの剛性はあり、リアはちゃんと接地する。つまりアンダー気味。
ノッチバックがとってつけた形状のため、バックする時後ろがどこまで出てるのか全くわからない。私は普通の人よりはいろんな種類の車に乗っているため、車両感覚を掴むのは得意な方だと自負していたのだが、今回はバックの時かなり怖かった。
高速域のスタビリティーは普通より少し悪いかなというレベル。やはり前輪の信頼感が足りない。ちょっとしたきっかけでふらっとなる。田舎の幹線高速ならきびしいが、都市高速ならなんとかなるレベル。

特段疲れるわけでは無いが、なんか運転が嫌になって来る、変な車。
個人的にこの車に出せる金は新車でも120万か。だが現実にはそれより高い。ノッチバック信仰の熱いタイで、安い値段で作らなければいけなかったという理由はわかる。日本人向けじゃ無いこともわかる。でもノッチバックらしさというか、あえてノッチバックを買うのだとうことの贅沢を味わえないし、これから成長して行くかもしれない国に、日産の車は走りがいいと思わせることは、この車ではできない。新興国進出を虎視眈々と狙う、他の日系メーカーや韓国中国フランスメーカーにいつの間にか負けているなどということにならなければ良いのだが。

今回燃費17.5km/L  走行距離435.1km 給油量24.9L

詳しい解説はこちらをご覧ください!↓

コメント

このブログの人気の投稿

スズキ・イグニスレビュー

日産ノートDIG-S(スーパーチャージャー)レビュー

マツダデミオXD レビュー